下山さんちの茶工場

製茶(茶葉の製造)

 みなさんは茶畑のイメージをお持ちだと思います。このサイトでもいくつか写真を掲載していますが、かまぼこ状にカットされたお茶の木がいく筋も並んでいる光景です。ご想像のように、そのかまぼこ状のお茶の木から伸びてきた新芽を刈り取ってお茶にします。
 そして、みなさんが普段飲んでいるお茶の茶葉も想像できると思います。そうです、深緑色で細くなっているものですね。では、茶畑で刈り取ったお茶の新芽はどうやって店舗に並んでいる茶葉になるでしょうか? その答えが茶工場(ちゃこうば)です。
 茶工場では茶畑から刈り取ってきた新芽などを蒸してから乾燥させながら揉み込んでいき、生茶葉から茶葉を作る製茶を行っています。製茶は@蒸し、A葉打ち、B粗揉、C揉捻、D中揉、E精揉の工程で荒茶をつくります。店頭に並ぶには、その後に仕上げ作業を行って茶葉の種類に分別します。生茶葉の良さを生かすも殺すもこの一連の製茶工程にかかっていて、茶葉の採取園地や生育の進度、充実度、水分含量、その日の天候などの条件に合わせての作業が求められます。

蒸し

茶の生葉には参加酵素があるので、刈り採り後すぐに葉の酸化が始まってしまうので、蒸して熱で酵素を失活させ、生葉の青臭味も取り除きます。蒸すことで茶葉の細胞壁を傷つけ、旨みを引き出します。

葉打ち・粗揉

製茶工程では蒸して水分が多くなった茶葉に熱風を当てながら撹拌、揉圧し、味を引き出して茶葉の色を保ちます。

揉捻機

粗揉工程の揉みや乾燥不足を補い、茶葉の各部分の水分含量を均一にします。

中揉機

熱風をあてながら、揉捻機で圧縮された茶葉をほぐすとともに、水分を飛ばす工程です。また、精揉機での成形の下ごしらえも行います。

精揉機

残された水分を飛ばしながら揉み込み、茶葉を丸く細くまっすぐに伸ばして最終的な成形を行います。

荒茶

製茶工程の完成品が荒茶といわれます。製茶は刈り取った茶葉をそのまま加工するので、荒茶には芽も葉も茎も含まれています。この後、仕上げ(選別)工程を経て煎茶や青柳、かりがねに分けられます。

最新情報はfacebookで公開しています。(2012.3.12開設)

What's New
茶葉の話し
取扱店の紹介